モチべを維持しやすい

筋トレ家でする筋トレというのは、夫婦で一緒に筋トレをするのが趣味などの環境でなければ、基本的には自分一人だけで続けていかなければいけません。進学や資格取得などのための勉強も、家での独学は継続が難しいとよくいわれますが、筋トレにも同じことがいえます。

独学が難しいといわれる理由の一つに、疑問点が出てきたときに基本的には自己解決するしかない点があります。解決できなければストレスになり、勉強を放棄してしまう原因になりかねません。家での筋トレもある程度続けていくと伸び悩み、鍛えるのをやめてしまう方がいます。

勉強は塾や予備校に行けば仲間やライバルがいてはげみになり、続けるのが苦になりにくいというメリットがあります。また、疑問点が生じてもほかの受講者や講師に相談し、解決することが可能です。筋トレも同じでスポーツジムに行けば仲間やライバルとの出会いに恵まれる可能性があります。切磋琢磨することができれば、家で筋トレする場合と比較して早く目標としているところまで到達できる可能性も高まるでしょう。また伸び悩んでいることも、ほかの利用者やトレーナー、インストラクターに相談してみることにより、突破口が見つけることができるでしょう。

指導者がいる

筋トレをスポーツジムでする場合、多少高いお金をかけてでも、トレーナーやインストラクターを付けることができるところに通ったほうがいいです。パーソナルトレーナーのいるスポーツジムも最近では多くなっているようです。こうしたトレーナーに付いてもらうことにより得ることのできるメリットがあるためです。

トレーナートレーナーやインストラクターが付くことにより、筋トレの質が高まります。ジムではトレーナーやインストラクターが付かないところもあり、自分の好きなマシンの使い方ができますし、どのメニューをこなすのも思いどおりです。家より体を鍛える環境という意味では充実していますが、自分に合ったマシンやメニューを正しくできているのかは不明なままです。

その点、トレーナーやインストラクターが付いていれば、自分に合った正しいトレーニング方法を教えてもらうことができます。筋トレのメニューでマシンの使い方やフォームが正しくないような場合には、しっかりと指摘してくれます。これはトレーニング方法に誤りがあることによるケガの予防にも繋がります。

自分に合った正しいトレーニング方法で筋トレに取り組めるということは、高い効果が期待できることを意味します。自己流より早く結果が出ることにもなるでしょう。つまり、効率よく鍛えることができて、結果的にトレーナーやインストラクターが付かない場合より安上がりになったということにも繋がります。

設備が整っている

スポーツジムでの筋トレは、ジムによって差はありますが、鍛えるために必要な設備が充実しています。家で細かい部位の筋肉を強化するのには限界がありますが、ジムであればどの部位の筋肉を強化することにも対応しています。マシンにも豊富なバリエーションがあり、楽しく体を鍛えることができるでしょう。また、筋肉を強化するマシンだけでなく、有酸素マシンが整っています。筋肉の鍛錬だけでなく体脂肪の燃焼も一緒に目指せるため、健康的にダイエットをしたいと思っている方にも良いでしょう。

お金なお、家での筋トレにもデメリットがあるように、スポーツジムでの筋トレにもデメリットはあります。一つはスポーツジムを利用するための料金やジムに着て行くための服装などにお金がかかること、もう一つは利用するジムまで行かなければならず、疲れている日などは億劫になる場合があること、そして混雑しているジムでは好きなときに好きなマシンが使えないときがあることなどがデメリットです。

ただこうしたデメリットがあるとしてもジム通いをする価値は十分にあります。設備の話に戻しますと、大浴場やサウナのあるジムもあり、疲れていても気分をリフレッシュできますし、お金をかけてまで行くことに意味があると感じることができるでしょう。

自宅筋トレとの比較

筋トレは家ですることが可能ですが、メリットをあまり感じず、デメリットを受け入れ難いという方は、スポーツジムを利用した筋トレを検討してみてはいかがでしょうか。メリットとして家でおこなうことになるため、費用負担はほとんどありません。また自重トレーニングが主体になるため、さまざまな道具を準備しなくても大丈夫です。そのほか、外出するわけではないのでトレーニングウェアを着るなど服装などについて意識しなくて良いことも、家で筋トレをするメリットといえるでしょう。

ダンベルメリットは大体上記のようなものがありますが、デメリットもいろいろあります。家でする自重トレーニングがメニューのバリエーションにとぼしく、飽きてしまう可能性があります。また、家にダンベルやトレーニングベンチなどを置くとなると、部屋の大きさにもよりますが生活スペースが圧迫されてしまうことになります。また、マシンやバーベルなどを使用できず、かなり工夫を凝らさなければ細かい筋肉を強化することができません。そのほか、自分だけで鍛え続けていくことになるため、モチベーションを保っていくことに苦労する方は多いです。自己流のトレーニングになるため、自分に合った適切なやりかたをしていないと、ケガをしてしまう恐れもあります

スポーツジムには家での筋トレにはない多くのメリットがあります。ここでご紹介しますので、知りたい方はほかのページの内容もご一読ください。そして通うかどうか決めるための判断材料としてお役立ていただければ幸いです。